100人インタビュー企画はこちら

【アクアノート】逢嶋ひな|美少女高校生のアイドルインタビュー

【アクアノート】逢嶋ひな|美少女高校生のアイドルインタビュー

元お笑い芸人、現Webディレクターの仕事をしている、なついです。

今回当サイトのインタビューに登場していただくのは、女性アイドルグループ「アクアノート」の逢嶋ひなさん

先日に公開をした双葉樹里さんに続いてインタビューに答えていただきました。

アクアノートと言えば、平均年齢14歳の美少女揃いアイドルとしてライブ会場を沸かせています。

そんなアクアノートのリーダー的存在、甘えん坊キャラとして人気の逢嶋さん。

ここからのインタビューで、さらに彼女の魅力を知っていただけると嬉しいです。

※取材時点で高校1年生

■アクアノートのパフォーマンス動画

必ず目を通してください
  • 当インタビューは、アクアノートのマネージャーさま同席のもと、取材を行いました。
  • 当記事で使用されているテキスト・画像の無断転載は、絶対に行わないようお願いいたします。
  • 画像への直リンクも禁止しております。

【アクアノート】逢嶋ひなさんのプロフィール

【アクアノート】逢嶋ひなのプロフィール

名前 逢嶋ひな
あだ名 ひーちゃん
誕生日 2003年4月14日
担当
ツイッター @Aishima_0414
趣味 料理
身長 158.5cm

なつい

気になる部分について、逢嶋さんに聞いてみました。

 

逢嶋ひなを客観的に見ると、どのような人物ですか?

逢嶋:グループの中では最年長なのですが、中身は最年少な人物だなって思います。

なつい

どのようなところが?

逢嶋:私、甘えん坊なんです。

お姉ちゃんがいて末っ子ということもあって、普段から末っ子感が出ちゃっていると思います(笑)

そばに誰かいたら、すぐ甘えにいきますね。

 

なつい

メンバーにもかなり甘えている感じですか?

逢嶋:そうですね。メンバーにもかなり甘えていますね。

たとえばライブ前に、すずか(佐山)とかにメイクをやってもらっていることが多かったり…。

あとは、摩萌(夢咲)にお菓子をもらって餌付けされたりしていますね(笑)

身の回りの世話をみんなにやってもらってます。

 

なつい

ファンの人もに甘える?

逢嶋:いや…。さすがにそこは、、、(笑)

でも、どうなのでしょうか?

物販とかで甘えてる感じになっているのですかね?(笑)

 

学校とアイドル活動の両立は大変ですか?

逢嶋:中学のときは高校受験があったので、両立するのが難しかったです。

なので、受験に専念するためにアクアノートの活動を一時休止させていただきました。

そのおかげで第一志望だったところに受かることができて、学校が芸能活動をしやすい環境なので今は両立できています。

 

なつい

受験期間中はどれくらい休止されていましたか?

逢嶋:2ヶ月くらいですかね。

その間、受験勉強に集中はしていたのですが、どうしても応援してくれてるファンの人が私のことを忘れてしまわないかな?って不安になってしまって。

あとは、私の生活の中で1番楽しいことがライブ活動だったので、とても寂しかったです。

でも、ファンの方が優しい方ばかりで、ツイッターに1日1回写真をアップしてくれたり、「待ってるよ」ってコメントをくれたりして。

そんな温かさがあったから受験を乗り越えられました。

感謝しています。

 

休日は友達と遊べていますか?

逢嶋:土日はライブ活動があるので遊べていないのですが、レッスンがない平日は学校帰りにタピオカ飲んだり買い物したりして遊んでいます(笑)

 

なつい

友達は逢嶋さんがアイドルであることを知っていますか?

逢嶋:うーん。言ってないので多分知らないと思います。

でも土日は遊べないし、もしかしたら不思議に思っているかもしれないですね。

 

趣味の料理について。好きになったきっかけは?

逢嶋:お母さんがすごく料理上手で、小さいときに「自分も作ってみたいな〜」って思ったのが趣味になったきっかけです!

料理が大好きなので、暇な日はいつも作っていますね。

あ!私、左利きなんですけど家族みんな右利きなので、右利き用の包丁しかなかったんですね。

だから左利き用のマイ包丁を買って、いつもその包丁を使って料理しています。

 

なつい

左利きの包丁があるって初めて知りました!

逢嶋:左利きっていうのがちゃんとあるんですよ(笑)

左利きなのに右利き包丁を使うと、皮むきし辛いです(笑)

 

なつい

ちなみに得意料理は何ですか?

逢嶋:ハンバーグです!コネるところからやります(笑)

ハンバーグ作りもお母さんがすごく上手なので、真似しながら作ってますね。

 

なつい

逢嶋さんのツイートを掘ってみたら、クリスマスに作った料理画像を発見!

https://twitter.com/Aishima_0414/statuses/1077540692593766400

逢嶋ひなさんが活動している「アクアノート」を紹介

【女性アイドルグループ】アクアノートの公式アー写

平均年齢14歳!
「水」をコンセプトに結成された6人組アイドルユニット。
(左から双葉、夢咲、美波、逢嶋、佐山、高梨)
2018年4月22日、恵比寿CreAtoにて単独ライブデビュー。

皆さんの「なくてはならないもの」になるために、清く正しく活動します。

引用:アクアノート公式

逢嶋ひなさんがアイドル活動を始めたきっかけ

【アクアノート】逢嶋ひながアイドルになったきっかけ

アイドルになろうと思ったきっかけを聞かせてください

逢嶋:今の事務所から声をかけてもらったのがきっかけですね。

小学校のころからAKB48さんを見ていて「可愛いな〜」「格好良いな〜」と思っていて、アイドルに興味と憧れがあったので、声をかけてもらったときに「やってみよう!」って始めることになりました。

 

なつい

事務所から声をかけられなかったら、自分からアイドルに応募していましたか?

逢嶋:んー…。アイドルに興味と憧れがあったって先ほど言ったんですけど、もともとは女優志望だったんですね。

声をかけてもらったから興味があったアイドルを始めるきっかけになったのですが、自分から応募をしていたかどうかはわからないです(笑)

逢嶋ひなさんが「アクアノート」でアイドル活動を始めてからの話

【アクアノート】逢嶋ひなのアイドル話

逢嶋さんはアクアノートの立ち上げメンバーですか?

逢嶋:そうですね1期生という形ですかね。

アクアノート4人グループで始まって、そのあとに双葉樹里ちゃんと高梨有咲ちゃんが研修生として入ってきて、現在の6人組みという構成になっています。

※双葉さんと高梨さんは研修期間を経て、正式メンバーとして活動中。お2人の貴重なグループ加入時の映像を共有いたします

アクアノートがスタートして、何ヶ月くらいで初ステージだったのでしょうか

逢嶋:3ヶ月くらいです。その短期間に4曲覚えなければいけなかったので、ほぼ毎日レッスン漬けで大変でした(笑)

 

なつい

とくに何が大変でしたか?

逢嶋:音程をとることとレコーディングですね。

ダンスは得意だったのでそこまで「大変」って感じなかったのですが、歌が苦手で(笑)

 

初めてステージに立ったときはいかがでしたか?

逢嶋:世界がとっても明るかったです(笑)

なつい

どういうことでしょうか(笑)?

逢嶋:ステージ上から見るサイリウムがとても綺麗に光っていて印象的だったんです!

あと、メンバーとステージで目があったときなんかも、メンバーが凄く輝いていて。

アイドルを始める前にテレビで見ていたアイドルさんみたいに「キラキラしてる!」って思いました。

初ステージのときは夢のような感じでしたね!

 

初ステージは緊張しましたか?

逢嶋:ステージに出る3分前くらいから緊張がピークになっていたんですけど、ステージに立ったら緊張が和らいで楽しむことができました。

しっかりお客さんの顔も見渡せたと思います。

 

初ステージ後の物販では、お客さんとどのような話をしましたか?

逢嶋:私すっごい人見知りで、ちゃんと話ができなかったんです。

「ライブ良かったよ」って言ってもらえたときもどう返していいかわからなくて。

終始無言になっちゃってました(笑)

「反抗期?」って思われてもおかしくないくらいの無言。

最近は人見知りがなくなってきたので、以前のような無言にはなりません(笑)

 

アクアノートのライブで印象深かった出来事は?

逢嶋:2019年4月22日のアクアノート1周年ライブなのですが。

逢嶋:初ステージと1周年ライブが同じライブ会場(恵比寿CreAto)だったんですね。

初ステージから1年経って、「お客さんが増えた」し「メンバーも増えた」のがとても嬉しくて。

あと、MCやパフォーマンス面でもメンバーみんな上手くなったなって成長を感じることができて、印象に残っています。

 

アイドル活動をしていて1番苦しかったこと、嬉しかったことを教えてください

逢嶋:苦しかったことは、グループの中で1番ダンスが上手いメンバー、歌が上手いメンバーを真似して頑張ったのですが、なかなか上手くいかない時期が続いたことですね。

本当に悔しくて苦しい気持ちになってしまって。毎日遅くまで家で練習して何とか気持ちを克服をしました。

嬉しかったことは、物販でファンの方に「ここ上手くなったね」とか「ダンス凄く格好良かったよ」とか褒めてもらえることですね。褒めてもらえるのはいつでも嬉しいです(笑)

逢嶋ひなの、ここに注目してほしい

【アクアノート】逢嶋ひなの注目ポイント

今後お客さんに、どんな所を見てほしいですか?

逢嶋:今とくにダンスを頑張っているので、ライブに来ていただいた際にはダンスを見てほしいです。

フリを大きく見せられるようにしたり、曲に合わせて魅せる表情も変えられるように研究しています。

 

今後どのようなアイドルになりたいですか?

逢嶋:老若男女に愛されるようなアイドルになりたいです。

 

なつい

そうなるためにどうしますか?

逢嶋:例えば女性に好かれるためにはファッションにも気を遣ったり、小さい子に好かれるにはより親しみをもってもらえるような笑顔や接し方をしようとか、年代や性別に合わせて好きになってもらえるよう努力をします。

マネージャーさんに、逢嶋ひなさんのことを聞いてみた

マ:アクアノートは、現在6人体制でセンターポジションがない状態なのですが、私的には逢嶋がグループのセンター的存在かなと思っています。

日頃からまわりのメンバーをダンスで引っ張ってくれていますし、リーダー的な部分もありますね。

リーダー的な役割とセンター的な役割を担っている重要な人物です!

ステージ上で凄く輝く子なので、ぜひライブでパフォーマンスをしている逢嶋を見てください。

そして、ファンの方からもぜひ逢嶋にダメ出しをしてください(笑)

物凄い勢いで成長をしているので、みなさんで成長過程を楽しんでもらえると嬉しいです。

【告知】2019年9月10日 1stアルバム発売決定!

 

逢嶋さんからアルバム発売に関するアピールをお願いします

逢嶋:14曲収録されていて、値段が2,000円とお求めやすくなっていると思うので、ぜひアルバムを手にとって聞いてほしいなって思います。

アクアノートの曲は色んなジャンルがあって、しっとりしたのもあればアップテンポのエール曲もあるんですね。

どの曲も自信を持っておすすめできます!!!

 

なつい

なかでも1番聞いてほしい曲は?

逢嶋:「乙女心はアクアマリン」ですね。ライブですっごく盛り上がっている曲なので、聞いてください。

逢嶋:欲張ってもう一つ。「いろみず」という曲もかなりおすすめしたいです。

アクアノートが最初にもらった曲なので個人的にとても思い入れがあります!

逢嶋ひなさんから、この記事を読んでくれたあなたへひとこと

【アクアノート】逢嶋ひなからファンへメッセージ

最後に、この記事を読んでくれた方へメッセージをお願いします

逢嶋:ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

アクアノートはこれからも、メンバー全員で力を合わせて頑張ります。

パフォーマンス力や、私たちメンバー個々が成長していく姿に期待してください!

おわりに

終始笑顔でインタビューに答えてくれた逢嶋さん。

ご本人からの話にもあったように、末っ子感が満載でした(笑)

「できれば成長しないでこのままの甘えん坊でいてほしい!」

こんな風に思ったのは私だけでしょうか。

これから先、個人としてグループとしてどのように大きくなっていくのかとても気になります。

「おまけ」サインを書いていただきました

【アクアノート】逢嶋ひなのサイン(書くスピードが結構早い逢嶋さん)

 

【アクアノート】逢嶋ひなのサイン色紙(「できましたー」と可愛くサインを書き終えてくれました)

こちらの記事も

【アクアノート】双葉樹里|美少女中学生のアイドルインタビュー【アクアノート】双葉樹里|美少女中学生のアイドルインタビュー